ホーム マイアカウント お問い合わせ

和菓子の深川えいたろう

 

かいちゅうしるこ

 

懐中志る古(かいちゅうしるこ/懐中汁粉/懐中しるこ)をご存知ですか?

江戸時代に発明されたといわれる、昔のインスタント食品です。懐中、すなわち”ふところ”に入れて持ち歩いたところから、その名がつきました。

外側は最中(もなか)の皮になっており、見た目は最中にそっくりですが、まったく違うお菓子です。中には、粉末のこしあんが入っているのです。両方溶かして召し上がると、皮はお汁粉でいうお餅(具)の代わりになる、一石二鳥の便利な和菓子です。

夏にお汁粉?と思われるかもしれませんが、懐中しるこは、昔から暑気払い(しょきばらい)によく食べられておりました。暑いときには、熱いお茶が良いと言われていたのと同じですね。今では、季節を問わず、通人から好まれております。

香ばしい風味の皮と、甘いあんこのが織り成す、優しくおいしいハーモニーで、日ごろの疲れをいやしてみてはいかがでしょうか。

 

お召し上がり方】

  • 大きめのお椀をご用意ください。
  • 深川えいたろうの”懐中志る古”の、包み紙を外し、お椀の中央に置きます。
  • とけやすいよう、外側の最中の皮を軽く割ります。
  • お椀に熱湯を入れ、よくかきまわします。
  • 熱いうちにお召し上がりください。

!ポイント! 
必ず沸騰したての熱湯をお使いください。味が違います!できれば事前にお椀をあたためておくと、さらにおいしく召し上がることができます。 ※熱湯の取り扱いにはご注意ください。
お湯の量の目安は100ccです。薄めがお好みの方は120cc程度に調整ください。

 

1.
お椀に”懐中志る古”を入れます。
懐中 しるこ 召し上がり方 深川えいたろう
 

2.
熱湯(100cc程度)をそっと注ぎ入れます。

写真では割らずにそのまま熱湯を注いでおりますが、”懐中志る古”の外側の最中の皮を軽く割ったほうが、お湯がはねずに安全で、より混ざりやすいです。

※熱湯の取り扱いにはご注意ください。

懐中 しるこ 召し上がり方 深川えいたろう
 

3.
かきまわして、出来上がり。

熱いうちにお召し上がりください。

懐中 しるこ 召し上がり方 深川えいたろう

 

深川えいたろうの懐中志る古について】

懐中しるこ 和菓子の深川えいたろう

当店オリジナルの、かわいい”茶壷”型の皮が特徴です。選び抜かれたうるち米を使って、香ばしく焼き上げました。ひとつひとつ丁寧に、特製の薄紙で包み、組紐で結んでおります。上品なお箱(6個入〜)に入っておりますので、贈り物にたいへんふさわしいと、みなさまから好評をいただいております。

保存方法 : 常温

賞味期限 : 1ヶ月