ホーム マイアカウント お問い合わせ

七五三用 榮太樓飴(2缶入り・七五三用袋付)

789円(本体731円、税58円)

型番 33036
販売価格

789円(本体731円、税58円)

購入数


七五三用に榮太樓飴をご用意いたしました。鳩缶・手毬缶の2種類がございます。
鳩缶の中身は黒飴で、手鞠缶の中身は梅ぼ志飴です。それぞれお祝いにふさわしく「鰹節」と「亀甲」の形に作られております。
榮太樓の特製千歳飴袋付きです。

七五三祝と千歳飴
七五三の祝い遠く平安の昔、児童の成長の儀式にその由来があるといわれ、江戸時代に入ってからは、一般に七才、五才、三才の子の宮参りの祝となり、それが今日に及んでいるようでございます。
11月15日の日は、江戸時代、五代将軍綱吉が徳松君とよばれた幼少の頃、この日に祝儀を行ったことから、以来この日を式日とするならわしになったといわれます。
千歳飴は小児の命数も、千歳も長かれかしと寿いだ名称の飴で、その歴史は、元禄−宝永(1688−1710)の頃、浅草の七兵衛という飴売が創製、細長い袋に鶴亀とか、高砂をあしらい「千歳飴」と大書、それを入れて売り出したと伝えられております。
七五三祝いは、今日では菊香の11月の風物として、また幼児の楽しい一日として、ほほえましい行事の一つになりました。
榮太樓の千歳飴は、古い昔から年々歳々、その味も、しきたりの長袋にもご好評をいただき、梅ぼ志飴の榮太樓が造る千歳飴として、多大のご愛顧を賜っております次第でございます。

この商品を買った人はこんな商品も買っています